冷却期間について(連絡までの期間や必要性など)

冷却期間について

復活愛、復縁に関しては冷却期間を設けることは必要になってきます。なぜかというと、相手の中にいるあなたへの気持ちを「変える」必要があるからです。もちろん、人それぞれ適切な期間というものは存在しますが、どうしてもある一定期間は好きな相手と距離を置かなければならないのです。連絡を取りたくてしょうがない時期だと思います。

元カレ、元カノと別れて時間が経っていないとき、もしくは別れたばかりのときというのは、相手があなたのことを完全に遮断している状態です。意地という言葉が近いと思いますが、人間は一度自分で決めたことをなかなか覆したがらず、入り込む隙間がありません。的確な時期に的確な方法で攻めることで、心をこじ開けることは十分可能になってくるのですが。

さて、冷却期間には辛いことがたくさんあります。相手にはあなたがいないのですから、もしかしたら相手に新しく好きな人が出来てしまっている可能性だってあります(落ち込まないでくださいね)嫉妬心は胸を締め付けるでしょう。

それでもほとんどの場合、復活愛に冷却期間は必要になってくる、ここが復活愛の難しさに他なりません。必要となるのは、あなたが相手を想う気持ちの強さです。想いが強すぎて、暴走してしまうのではなく、想いの強さゆえに、我慢が出来るようにならなければいけません。

きついですが、的確な言い方をしましょう。あなたが復活愛のために出来る最初の一歩は相手から離れること以外ないのです。無理やり掴まえておくことなんて出来ないのですから、リリースをしなければなりません。辛いと思います。

コツをお教えします。辛いのはわかっています。ですから、この期間中は割り切る気持ちになることが大切です。そして、冷却期間にはあなたはいかに自分を磨くのかだけを考えて下さい。連絡も取りたいでしょうが、自分に自信が出るまで我慢しましょう。今まで相手のことを考えてしまっていた時間を、あなた自身と向かい合うことだけを考えて下さい。いきなりやれ、と言われても無理でしょうから、元カレ、元カノを思い出してしまったら、「相手と向き合うためには自分を磨く必要がある、今は修行」と割り切ってください。修行の先には乗り越えた人だけが見える世界があります。復活愛が叶うという世界です。

冷却期間の連絡について-復縁・復活愛を目指すなら-

前述した通り、冷却期間は連絡をしてはいけません。基本的に、連絡をしてしまったら復縁は遠ざかるものと思ってください。元彼、元カノの心の中に「あなた」が戻ってくるのを待たなくてはいけません。

無理やり連絡をしたからといって、「思い出す」わけではないのです。それは思い出すのではなく、「また現われてきた」とか「しつこい」というマイナスの印象になってきてしまいます。連絡を取らずに思い出すときというのは自然に思い出すのです。相手の頭の中であなたのことを考えるきっかけが自発的に現われることが重要です。あなたが耐えて、相手から自然に連絡が来たらあなたの粘り勝ちです。

でも、いつまでも待っているなんていやですよね?さて、そうすると、いつまで経っても向こうから連絡がこない場合、いつまで連絡をとったらいけないの?という疑問が湧いてくると思います。

冷却期間はどのくらいの期間が必要なの?

冷却期間は「あなたが自分のことをすごく好きになるまで」です。そのくらい自信を持つことで、元彼、元カノは過去のあなたと比較して、雰囲気が全く変わっていることに驚くはずです。その雰囲気が違っていることを生み出すのは、余裕、です。相手との対応に余裕を持つことが出来ると、あなたをより魅力的に魅せることが出来るようになります。

復縁、復活愛の場合、無意識でも冷却期間を置いた後は、過去のあなたと今のあなたを比べます。そのときにどれだけの違いを相手に意識させることが出来るのかが大切です。自分で変わったと自負するだけではなく、その変化がにじみ出て相手に伝わるくらい変わったと思えるくらい。

冷却期間はどのくらいか、というのを決めつけるのではなく、自分を磨き続けてみてください。今がそのときかもしれない、というときが訪れます。元彼、元カノと相対している自分に余裕があるかどうかを判断基準にしてみてください。頑張りましょう。

例外:冷却期間を置かないほうが良いケース

冷却期間というのは、置かない方が良いケースもあります。冷却期間を置く必要性がないケース。なぜこのことを最後に書くかというと、多くの別れは原因が曖昧で、ほとんどの場合は冷却期間を置いたほうが良い、無難だからです。

ただし、以下の場合は冷却期間を置かないほうが効果的なケースが多いとのこと。

  • 喧嘩別れで、その原因が後から考えたら些細なことだったケース(相手にとっても些細であるということが重要)。
  • 別れを切り出されたのではなく、別れを切り出したのがあなただった場合(相手が好きじゃなくなっているのがわかっていて、どうせ別れるなら自分からなどといって別れを切り出した場合は除く)
  • 忙しさや遠距離恋愛で会えなかったことが原因だったケース(度合いやケースによるので冷却期間を置いた方が良い場合もあり)。

以上、詳細なケースによって違いもありますが、参考にしてみてください。