振られた後の復縁の確率

復縁、そして復活愛には大きく分類すると二種類あります。

  1. 振ってしまって、その後に後悔して復縁したいと思う
  2. 振られた後に復縁したいと思う

上記の二種類です。もちろん、最初の時点では前者のほうが、相手はまだあなたを好きな可能性が高いので、必然的に復縁の確率は高いです。後者は振られた立場なので、そこから復縁、復活愛をするためには冷却期間を置くなど、対策をする必要などが出てきます。それに振られた後は多くの人が冷静でいることができないので、ご自身で自爆的に復縁の確率を低くしてしまっている方もたくさん見てきました。

振られた後の復縁、復活愛を叶えるためには、イメージを持つことが大切です。
自分を磨くことが一歩一歩、愛する人へと近づいていくイメージです。確率は自分の力で上げていくものです。

最初はマイナスから始まります。振られて別れてしまったのには原因があると思いますので最初はしょうがないのです。それが冷却期間を経て0(感情がニュートラルな状態)からあなたを懐かしんでのプラスのイメージに戻ります。ここから、一歩一歩、あなたへの感情をプラスしていくのです。正確なイメージを持つのが間違えないコツです。

当サイトのほかのページで書いているように振られた後の復縁、復活愛の場合は、この一歩が大きく飛躍することもあります。感情のふり幅のおかげです。やり方を間違えなければ、「最初の感情がマイナスだったおかげで」「振られた後に復縁するおかげで」あるとき、一歩が大きくなり、関係が急激に進展し、復縁の確立が高まることがあるのです。元の関係よりも気持ちが大きくなっていることも多々あります。これは振られた後の復縁でしかありえないことです。

振った後の復縁では相手のあなたに対する気持ちは小さくなっていないことがほとんどですから、ギャップを使うことも出来ません。「あ、なんか戻ってきた」と思われてしまうことが多いでしょう(もちろんやり方次第です)

振られた後、復縁することのメリットを今一度、きちんと理解してください。復縁にはタイミングが大切とはよく聞くと思いますが、タイミングは自分でつかみ取るものです。正確なイメージを持ち、冷静に、相手の気持ちが今どこにいるのかを理解して正しく行動してください。そうすれば、復縁の確立はあるとき飛躍的に高まり、相手から返ってくる気持ちも困難があっただけ大きくなるのです。

死は生の欠乏です。人は死ぬことを意識すると生きたいと感じる生き物です。死を意識すると、生に希少価値を覚えるのです。人間の価値観の根源は究極的にここにあると言われています。

同様に、復縁、復活愛を望むのは愛の欠乏です。我々は振られてから、愛を失ってから愛の尊さに気付くのです。その希少性に、ようやく気付くのです。その希少な愛を取り戻すためには、復縁の確率を出来る限り上げていく必要があります。大切だと気付いたものをもう一度・・・。振られた後の復縁でも決して遅くはありません。