後悔だらけでパニックの状態から大逆転して復縁

20代後半の男です。

私は2年間付き合った彼女から突然の別れを切り出されました。理由としては「他に好きな人が出来た」ということを言われましたが、目の前が真っ白になってしまい、しばらく何も考えることが出来なくなってしまいました。

なんとかしてやり直したい。そればかりを考えているうちに混乱してしまって、「あのときこうしておけばよかった・・・」「誕生日をもっと真摯に祝っておけばよかった・・・」などと今考えると格好が悪い後悔ばかりを頭の中で繰り返していました。もう同じ過ちはしないと心に決め、「どうにかしてやり直すことは出来ないか」と彼女に詰め寄る日々が続きました。

しかしながら返事はNO。最終的には「もう連絡してこないで」とまで言われてしまい、なす術がなくなってしまいました。人は失って初めて大切なものに気付くということはよく耳にはしていましたが、自分がそのような立場になって初めて思い知ることになりました。

仕事も手に付かなくなりプロに頼ることに・・・

私は元来プライドが高いところがあり、人に相談をするということが中々できません。ましてや友達に弱いところを見せたり、どうにかしてやり直したいんだ、という悩みを打ち明けることが出来るようなタイプの人間でもありません。

ですが、もうどうしようもなく悩んでいましたので、あるときインターネットで見つけた復縁のプロの方のマニュアルを購入して、メール相談をすることにしました。そうしないと仕事も手に付かなくなってしまい、どこまで落ちていく気がしていたんです。

この「プロに頼る」という選択は正解でした。友人でもない第三者に想いの丈をぶつけ、客観的なアドバイスを貰うことで、風船のようにパンパンにふくれあがっていた自分の心にゆとりが生まれるようになりました。不思議なもので、人は余裕が出来ると上手く行動が出来るようになります。

あるときtwitterで少し絡みを持ったことをきっかけに彼女と再び自然なやり取りが出来るようになり(後から聞くと彼女もそのtwitterの返信内容で私が普通の状態だとそこでわかったらしいです)プロの心理学的なアドバイスに従ってやり取りをしていたら自然と、付き合っていたとき以上に仲良くなることが出来ました。

あるとき、とある展示会に一緒に行くことになり、そこで雰囲気が良くなり、やり直したいという旨を伝えたところ見事大逆転劇、復縁を果たすことが出来ました。

最初は誰でもパニックなり、過去の後悔が走馬灯のように頭の中をよぎるのはしょうがないと思います。そこで自分で立ち直ることが出来ない方は、きちんと人の意見を聞き(できれば数多くの相談を受けているプロの意見がいいと思います)、素直に行動をすることをおすすめします。

もうすぐ彼女と結婚をします。この場を借りまして、的確なアドバイス頂いた復縁のプロの先生にお礼申し上げたいです。

浮気しても許してくれた優しい彼

現在私が付き合っている彼は

一度私の浮気で

疎遠になってしまいました。

しかし今はそのことを

責めることもなく付き合ってくれています。

 

その時の紆余曲折を語ってみたいと

思います。

 

彼はほんとに平均的な人で

特にかっこいいわけでもない

仕事も普通よりはやや給料が安いくらい。

でもおっとりしていて

よくいえば優しいけれど

悪く言えばつまらない人でした。

 

彼と付き合うようになってから半年。

 

私は友達の誕生会で

ある素敵なオジサマに出会いました。

妻子持ちでしたが

雰囲気が福山雅治に似ていて

管理職のちょとリッチな方です。

 

私はすぐにその人に夢中になってしまい

彼とは連絡を取らなくなってしまいました。

 

1年近くそのオジサンと

楽しい日々を過ごしました。

 

しかし彼が私の友達のおこぼれ情報から

私が妻子持ちと付き合っている

ということを知って

ある日私に電話をかけてきました。

 

妻子持ちと付き合っても

得るものはない

ずっとその関係を続けていて

あなたはそのまま年を重ねて

気が付いたら一人になっていても

いいのですか?

 

そんな内容の話を彼が私に

してくれました。

 

たしかに素敵なオジサンを

連れて遊びまわるのは

とても優越感を感じて

楽しかったです。

でも相手の奥さんにばれてしまえば

それまでの関係だし

彼が言うように

確かにこのオジサンと

付き合い続けたら私は

婚期を逃します。

 

気が付いたら彼の家に

彼に会いに行ってました。

彼の顔を見たら涙が止まりませんでした。

浮気をした私なのに心配してくれて

どんなにさえなくても

本当に私を大切にしてくれる人は

この人!

心から思えました。

 

浮気という火遊びをすることで

本当の優しさを見つけた気がします。

大切な存在だと気付いた

私の復活愛、それはもう随分前の話です。

当時付き合っていた彼は育った環境のせいか、感情表現が苦手で、人の気持ちを考えることができないような人でした。

傷つくことを言われたり、悲しくなるような事をされたり、それが日常茶飯事でした。

喧嘩をしたり、気に食わないような事があれば怒りの感情が抑えられず、すぐに別れ話を出してくる…その度に私が歩み寄り話をし、ひとつひとつ乗り越えていきました。

不思議と嫌いにはならなかったからです。本当は優しい人、感情表現がへたくそなだけ、きっと彼は変われる。そう信じていました。

ですがある時、あまりの別れ話の多さ、そして傷つくことが当たり前になりすぎたその現状に我慢ならなくなってしまったのです。

いつも通りイライラしながら別れを突きつける彼。

私は初めて何も言わずにその別れを受け入れました。

もう好きじゃない。もう一緒にはいたくない。そう思いました。

彼はさっさと他に女を作ると言い捨てて去っていきました。

それから随分時間がたち、彼から久し振りに連絡がありました。

ヨリを戻してほしい。なぜそう思ったのか、どれだけ大切な存在だと気付いたか、すべてを話してくれました。

それは感情表現を全くしてこなかった彼が、初めて自分の気持ちに向き合いそれを言葉にした瞬間でした。

当初ふりまわされるのにうんざりしていた私は最初断っていたものの、あまりの熱意に押されまた彼と歩き始めました。

あれから5年、もうすぐ彼の奥さんになります。

たくさん泣かされてきた分幸せにしてもらうつもりです。

共通の友人の力で、復縁に成功しました。

私は、過去お付き合いしている彼女に一度フラれてしまったことがあります。

彼女が別れ話をしてきた時、私と別れたい理由として言っていたのが「自分の仕事に集中したい」ということでした。

 

当時、社会人3年目を迎えていた彼女は、キャリアアップを目指すべく自分の仕事にもっと身を入れて働きたいと考えたようです。

 

もちろん、私は彼女の事が大好きだったのですが、その彼女が決意したことなので了承しました。が、後から後になるほど、彼女への思いが募り始め別れたくないと思うようになったのです。

 

そこで、私が考えたのは彼女と復活愛を叶えることでした。

しかし、彼女の決意の固さは知っていたので、そう易々と復縁出来るとは思いませんでした。どうしようか考えた末に思いついたのは、共通の知人に協力してもらうことでした。

 

その知人を通じて、さりげなく私の近況を伝えてもらいました。そうすることで、彼女の中に私の事を考えるような時間が出来ると思ったのです。

ストレートに思いを伝えるよりも効果があったらしく、後日彼女の方から連絡をもらえ、それがきっかけで復縁しました。

復活愛にはリアルラック(運の良さ)も必要

別れた彼女と、一年後に街で会いました。

偶然です。

その時は「ひさしぶり?」「元気?」「じゃあね」と短い会話でした。

未練があったわけでもないのですが、再会した彼女とのこの短い会話に、「ああ。いいなぁ」という癒しというか懐かしさというか、心地よく落ち着いた感じになりました。

また付き合いたいなぁ、と。

 

お互い、携帯番号やメアドは消去して別れました。

儀式みたいな感じです。

自宅や勤務先を知っていましたが、押しかけていったり待ち伏せしたりしてはストーカーそのものです。

好感を持たれるどころか嫌われるのは間違いありません。

 

その頃、私の勤務先では、欠員のある支店へ希望を出せば転勤できる制度がありました。

たまたま欠員のあった支店へ転勤すると、一部分ですが彼女の電車通勤ルートと重なるのです。

同じ電車に乗れるというわずかな希望に賭けて、転勤願いを出しました。

 

転勤願いは受理され、希望の支店へ配属になりました。

通勤時には目を皿のようにして彼女を探しました。

電車の時間をいろいろ変えたりして、1ヶ月過ぎた頃に彼女を発見しました。

話しかけたら最初こそびっくりしていましたが、すぐに普通に戻りました。

嫌がる感じはなかったので、まずは成功です。

 

それから週に2~3回ほど、行き帰りの電車で一緒になりました。

1ヶ月が経った頃、思い切って彼女を遊びに誘いました。

少し迷ったみたいでしたが、すぐにOKをもらいました。

遊びに行った日に、また付き合うことになりました。

 

我ながらストーカーっぽい要素もあったと思いますが、都合のよい支店に欠員がでたことと、通勤時間がある程度一緒だったことの2つのリアルラックがあったからこその復活愛だと思います。

復活愛のきっかけはFacebook。人生何が起こるかわからない!

私は復活愛で今年結婚しました。

彼と最初に知り合ったのは大学2年生のときの合コン。お互い共通の友達がいたこともあって、合コン後わりとすぐに付き合い始めました。「合コンで知り合って付き合うなんて、本当にあるんだ~」とよく周りの友達にも言われましたし、自分自身もなんとなく意外な気持ちでありながら、そのまま約4年の付き合いが続きました。4年の間には倦怠期もあり、私の浮気、彼の浮気疑惑…など、危機も何度かありましたが、それらを何とか乗り越えてきたので、ある日デートの帰りに突然フラれたときは本当にびっくりしました。理由は「別に君のことが嫌いになったわけではない。ほかに好きな子ができたわけでもない」というなんとも腑に落ちないもの。冷静に話を聞いてみると、こういうことでした。彼と付き合うまでに、私は2,3人の男性とお付き合いの経験がありましたが、一方彼のほうは、私が初めて付き合った女性。同い年なので、お互い20代半ばを迎えていたのですが、彼はこのまま、私しか女性を知らないまま、結婚をしたくないとのこと。私が彼にとって「betterなのかbestなのかわからない」…と。

ここまで言われては仕方がないので、それにて恋人関係は解消しました。

その後、5年のインターバルがあり、昨年facebookで彼からメッセージが届いたのです。最初に書いたとおり、私たちには共通の友達がいます。私も彼も、その友達とfacebookでつながっていたため、友達がアップロードした内容にお互いコメントを投稿する、ということをしていたことがきっかけで、存在に気づきました。私はフラれた身なので、特に自分からアクションを起こす気にはなれませんでしたが、彼のほうからメッセージがくるとは。何気ないやりとりが続きましたが、彼のほうから「今度会わない?」と。やれやれ…と思いましたが、いざ会うとなるとものすごく緊張している自分。5年ぶりに会う彼は見た目はあまり変わっていないものの、話をすると中身がとても大人びていました。過去に4年も一緒にいた人だから、落ち着くのは当たり前。お互いにラクな気持ちを感じて、その後も誘われるままに2~3回デートを重ねました。そして、彼からの告白。「もう一度付き合わない? 前に別れたときは、俺、ほかに付き合った女性がいなかったから、君の存在の大切さがわからなくなって…。でもこの5年間、君より好きになれる人に出合わなかった。もう嫌な思いはさせません。」と言われました。なんて勝手な奴!!とも思いましたが、そのとき私もほかに好きな人もおらず、断る理由が見つからなかったので、とりあえずうなずくことに。もう29歳になっていたので、日頃から結婚のふた文字も頭にありましたが、もう半ばやけくその気持ちもあり、もう一度付き合い始めたのです。それから2カ月後、彼からプロポーズをされました。「え!もう!?」という気持ちでまたまたびっくり。結婚するとしても、これからまたゆっくり時間を共有して意思が固まってから…と思っていたので、もう本当に彼のペースで事が運んでしまい。

共通の友達にも、「もうお互い、必要な存在なんだからいいでしょ」と説得され、結婚を決めました。入籍をすませ、今一緒に暮らしていて、秋に結婚式をします。今でもときどき、ふと不思議に思いますが、人生って何が起こるかわからない!それでも一度別れを経験して、復縁したからこそ、今お互いの大切さをとても感じていますし、「もう簡単には別れないぞ」という覚悟があります。

共通の友人に復縁、復活愛のタイミングを伺う

彼とは共通の友人がおり、別れをきっかけにその友人も交えた付き合いはなくなりました。

どちらかと言えば私よりの友人だったので、友人に協力してもらい復縁のタイミングを見計らいました。

振られた原因が、彼に好きな人が出来たということだったので、その女性とうまくいっていない隙を狙って連絡を取るのが効果的だと思い、それまでは辛いけれどひたすら時が過ぎるのを待ちました。

彼と女性がうまくいきかけた時は本当に辛く、何度も連絡をしてしまいそうになるのを堪えて、友人に泣き言を聞いてもらいながらもやり過ごすことに成功しました。友人は彼からその彼女とのやりとりを聞いていたのですが、ある時喧嘩から険悪なムードになったという情報を仕入れ、そのタイミングで半年ぶりに電話をしました。

半年間音信不通だったのが良かったのか、すんなり会う約束を取り付け、友人を交えて飲み会をしたのですがとても盛り上がりました。

彼も、その女性とうまくいかず悩んでいたところで、久々に笑ったということで私といて楽しい感情を取り戻してくれました。

友達以上恋人未満のような関係が更に半年続き、結局彼と女性がうまくいかなかったことから私と元鞘になることが出来ました。

焦らず、気長に相手の心変わりを待つことも復活愛、復縁の近道だと思います。

有名なお寺にお参りに行く

学生時代に始めてお付き合いした彼と、付き合って一年で別れてしまいました。
彼の方から別れを告げられ、「バイトやサークル活動などに忙しく、恋愛を優先できない」という理由でした。

私は彼のことが大好きだったので、復縁したいと考え、当時京都に住んでいたので、有名な鈴虫寺にお参りして、お願いをしました。
彼と復縁したいという内容ではなく、自分にふさわしい相手にめぐり合えますようにとお願いをしました。

彼と縁があればもう一度お付き合いできる、また縁がなければ他の人との出会いがあるだろうと信じ、お寺で購入した黄色いお守りを財布に入れて、朝夕に願いを込めるようにしていました。

それから3ヶ月後、彼から電話がかかってきました。しばらくしてふと考えると、私がいないことが寂しくなった、一緒にいるのが自然な相手だったと言われ、復縁することになりました。

それから四年間お付き合いをして、最後は私から別れを告げましたが、憎み合ったり、嫌いになったわけではなく、彼と恋愛した期間で色々なことを学べ、とても充実していました。